2014年08月19日

デオプラスラボの成分って何なの?

デオプラスラボの成分には、
大きく分けて3種類の成分が含まれています。

1、消臭成分

2、殺菌・抗菌成分

3、肌ケア成分

これらの組み合わせは、
業界では珍しいみたいですね〜。

消臭成分には、柿タンニン(通称:パンシル)が使われています。
これは、茶カテキンの25倍の消臭力を持つといわれているそうです。

殺菌・抗菌成分には、
イソプロピルメチルフェノール
というものが使われています。
医薬品に使われるぐらい高性能な殺菌・抗菌能力をもった成分みたいです。

殺菌しすぎて、肌がボロボロにならない?
と心配になりますが、
そのための肌ケア成分みたいです。

11種類のイソフラボンと7種類の天然植物エキスが使われています。
保湿とか美容にも色々良い成分みたいですね。

デオプラスラボを継続すれば、
局部のニオイの悩みもオサラバできるかも?

⇒デオプラスラボを買うならこちらをクリック




posted by デオプラスラボ at 00:00| 成分って何なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

デオプラスラボのレビューまとめてみた、パート2

デオプラスラボのレビューをまとめてみました。
今回は、パート2です。

以外と伸びが良く、1回辺りの使用量が少なくて済むため、
以外と長く持ちそうというのが大きいみたいです。

使った後はサラサラで良いみたいですね〜。

接客業など、人と接する機会の多い方の
エチケットとしておすすめできます。

後、パッケージがオシャレというのがいいみたいですね。

ゼブラっぽい柄の物で、
パッと見では、デオドラントと分からないでしょうね。

そういった物なので、堂々と置いておけるし、
堂々と使えるというのも大きいみたいです。

持ち運びにも便利そうですね〜。

⇒デオプラスラボを買うならこちらをクリック




posted by デオプラスラボ at 00:00| レビューまとめてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

デオプラスラボのレビューまとめてみた、パート1

デオプラスラボのレビューをまとめてみました。
今回は、パート1です。

集団は、ただでさえ何かと違う物を排除したがる傾向にあります。
そんな中で、ニオイというのは、人を孤立させます。

子どもで言えばいじめですね。

子どもは純粋です。
純粋ということは、善悪の判断も分かってないって事なんですね。

クサイと思ったときにクサイと言って何が悪いのか。
そういう態度が人を傷つけるという事が想像出来ないんですね〜。

そこは、仕方無いです。事実ですから。

解決する方法はただひとつです。

ニオイケアをする。これだけ。

デオプラスラボなら、違和感なく
使い続けられますし、無臭なので、
いかにもケアしてるっていう感じにもならないみたいです。

なので、ニオイケアとしては十分と言えます。
後は、体質に合うかどうかですね。
こればっかりは試してみるしか無いです。

もし身近な人にニオイで困ってる人がいたら
こういった商品を進めてあげてください。

何よりもその子の未来のために。

と、レビューのまとめでは無くなってしまいましたが、
実際購入者の中には、ニオイでいじめられていた子が、
これを使う事でいじめられることは無くなった。

という実例があるみたいです。

参考にどうぞ!

⇒デオプラスラボを買うならこちらをクリック




posted by デオプラスラボ at 12:00| レビューまとめてみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。